ついに観てきた、クリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』語ります。

Pocket

 

What’s up? 腰の痛みが和らいできている気がする自称アメリカ人のけっちゃむです。

 

今回はめちゃくちゃ気になってたこの映画

Dunkirkさん(@dunkirkmovie)がシェアした投稿

『ダンケルク』

 

をついに観てきたので結構真面目に語りたいと思います。

 

はいっということでこの映画、あの『インセプション』や『インターステラー』、『ダークナイトシリーズで知られるクリストファー・ノーラン監督最新作ですけども、

 

いやぁ〜、やはり序盤から引き込まれました。

 

第二次世界大戦中、フランスのダンケルクでドイツ軍に包囲された40万のイギリス海軍とフランス軍。

絶体絶命の中、前代未聞の民間船も含めての救出作戦が行われる。

 

何故こんなに引き込まらされるのか、何故こんなに面白いのか。

 

ちょっとよくわからないんですけども。

 

いや、でもやっぱり監督がクリストファー・ノーランだからでしょうね。

 

序盤から空爆のシーン

 

恐怖心を煽られましたね。

 

ノーラン監督の戦争映画はよくある戦争映画とは

 

全くの別物

 

だと感じました。

 

この『ダンケルク』という戦争映画

ただスクリーンに映し出される2時間弱の映像を目で見て耳で聞くというだけではなく、

体感できます。

 

うわぁ…っと思わず言いたくなるような感覚になるんですね。

 

戦争の恐怖を1番リアルに描かれている戦争映画

 

と言っても過言ではないと感じました。

 

ダンケルクの戦いを実際に体験された元兵士の人はノーラン監督の『ダンケルク』があまりにもリアルで観れなかったそうです。

 

あのドイツ軍による繰り返される空爆に身を寄せ合ってうずくまり自分に当たらないように願うしかない姿はもう悲惨という言葉以外見つかりませんでした。

 

戦場は

「死が隣合わせ」

 

という言葉があまりにも当たり前すぎて、今まで一緒に行動していた人が銃弾や砲弾の爆風に巻き込まれて、二度と立ち上がることがなくても嘆き悲しむ暇がない。

 

自分が生き残った

 

それが自分にとって大切なこと。

 

戦場という場所は

人間の、生にしがみつく生き物としての本能が垣間見える場所である

 

と、この映画を観ながら考えさせられました。

 

劇中に気づいたことはドイツ軍の姿が全くと言っていい程映し出されていなかったことです

 

ノーラン監督の意図は定かではありませんが、

 

非常に不気味に感じました。

 

同じ人間が戦っているはずなのにドイツ軍に対して人間味を感じず、

 

 

としか感じさせないあの表現方法は他に観たことがありません。

 

圧巻でした。

 

レビューサイトには「よく分からなかった」「途中で寝た」などチラホラと低評価のレビューを見かけました

 

価値観は人それぞれ、それは分かりますが、この映画に低評価をつける人の価値観はとても信じ難いですね。

 

はいっ、ということであまり映画の内容には触れませんでしたが如何だったでしょうか。

 

まだ観ていない方は

 

絶対に観たほうがいいです。

 

2回観てもいいと思います。

 

『ダンケルク』と邦画が同じ値段で観れることにびっくりです。

 

同じお金を払うなら皆さん

 

『ダンケルク』

 

観ましょうよ。

この記事どうでした?甘めでお願いします。
  • いいじゃないか (1)
  • まぁまぁじゃん (0)
  • ふーん (0)
けっちゃむ
邦画興味ゼロで自称アメリカ人の日本生まれで日本育ちの日本人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です