『ファンタスティック・ビースト』をまた観て感動したのでネタバレありでなんとなく語ります。特別映像あり。

Pocket

 

What’s up? 腰をかばいながら生きている自称アメリカ人のけっちゃむです。

 

 

今回は『ファンタスティック・ビースト』を2回目なんですけど、妻と観たのでなんとなく語っていきます。ネタバレでね。

 

1回目はきちんと映画館で観たんですけど、なんかNetflix眺めてたらまさかのファンタビあるやんってなって妻と晩飯クチャクチャしながら観ました。

 

☆5個中…

 

☆4個!

 

高い!高得点や!

 

2回観たのにおもしろい。

 

1回目観てメチャクチャ面白くて2回目観ると

 

「無」

 

みたいな映画ありますよね。

 

なんなんですかねアレ。

 

でも今回、ファンタビはそっちパターンではなく2回目もメチャクチャ楽しめたパターンでした。

 

ファンタビってハリーポッター原作者のJ・K・ローリングが初めて脚本も担当したんですよね。

そら面白いわな。

てか、脚本うますぎるよローリング。

うまーくまとまってましたな。

 

キャストが最高でしたね。

スキャマンダー役のエディ・レッドメイン適役だったなぁ。

 

美人姉妹も良かったけど何よりあのコワルスキーさんがめっちゃイイ味出してましたねー。

 

演じてた人物はダン・フォグラーというコメディアンでした。『燃えよピンポン』で主演してます。

 

でも、コワルスキーさんの役がピッタリですね。

本名もコワルスキーにしていいくらい。

 

コワルスキーさんとクイニーの雨の中でのキスシーン最高でした。

 

密かにメチャクチャ感動してたら、うちの妻がコワルスキーさんの顔を見て「キス顔ウケる」とか「なにその手」とか感動ぶち壊しのことを半笑いで言い放ち、私は心の中で感動を返せこんちくちょう!と思いました。

 

映画館で観たときは号泣してたくせによ!

 

なんか愚痴になってしまいましたが、ファンタビに出てくる魔法動物めっちゃ可愛かったですね。

 

あのフンコロガシみたいなのは気持ち悪かったですが、それ以外は可愛かったです。

 

エズラ・ミラー演じるクリーデンスが私の兄にそっくりで、映画館で観たときはクリーデンスが出てくるたびに妻が爆笑してました。

 

エズラ・ミラー演技うますぎ…

てか、クリーデンスが良い環境にいればすげー奴になれてんじゃないですかね。

 

あの力を使いこなせればヴォルデモートよりも強いんじゃないか。

 

アメリカにはヴォルデモート的な輩だったりダンブルドア的な人はいないんですかね。

 

イルヴァーモーニーという魔法学校があるっぽいですけど是非ともそこを舞台にして作品作って欲しいです。

 

妻が言ってましたが、次は女の子主人公でもいいですよね。

 

ていうかコワルスキーさんの記憶はホントに消えたんですかい?

 

最後、クイニーと目があったときに魔法動物に噛まれた傷跡を触ってましたよね。

 

なんらかの記憶は残ってていつか思い出したりするんですかね。

 

てかいっちゃん最後のシーンもコワルスキーさんのシーンてもうコワルスキーさん主演みたいなもんですね。

 

次回作も出てきてほしいものです。

 

そしてファンタビまさかの

 

5部作。

 

少ないよりはいいっすね。

 

続編の公開日が2018年の11月みたいです。

 

非常にたのしみ。

 

お疲れしたっ

 

この記事どうでした?甘めでお願いします。
  • いいじゃないか (1)
  • まぁまぁじゃん (0)
  • ふーん (0)
けっちゃむ
邦画興味ゼロで自称アメリカ人の日本生まれで日本育ちの日本人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です