『スター・トレック:ディスカバリー』シーズン1 ep1&2を観たので適当に語ります。

Pocket

 

What’s up? 腰だけサイボーグになりたい自称アメリカ人のけっちゃむです。

 

 

今回はこちら

 

Netflixで配信中の

 

『スター・トレック:ディスカバリー』

を観たので語ります。

 

 

主演はウォーキング・デッドのサシャ役でお馴染みのソネクア・マーティン=グリーン。

 

そんな名前だったのかよ

今回は連邦宇宙船シェンジョウの副長、男みたいな名前のマイケル・バーナム中佐という役です。

 

序盤は主人公のバーナム中佐とジョージャウ船長が楽しそうに会話したりしていたりしていました。

 

ここちょっとネタバレですけど

 

主人公のマイケル・バーナム中佐はスポック🖖みたいに半分人間、半分バルカン人なんですね。

 

バーナム中佐も子供の頃はバルカン人と同じようにトレーニングをしている映像もありましたが、7年もジョージャウ船長と共に過ごしていたのもあり、かなり人間寄りになっていました。

 

けっちゃむはJ・J・エイブラムス監督のスター・トレックから始まり、最近のスター・トレックしか知らないので細かい設定とかよく分からないんですが、

 

今回のディスカバリーはやはりドラマということもあり、映画のようなど迫力で序盤から引き込まれるような魅力は感じられませんでしたが、頑張ってる感は伝わりました。

 

CGもまぁまぁでした。

悪くもないし、すげー良いわけでもありませんでしたが、これも頑張ってる感は出ていました。

 

妻は1話の序盤から退屈そうにしていましたが、けっちゃむはスター・トレックの雰囲気が好きなので普通に観れました。

 

2話まで観ましたが、徐々に面白くなってくるかなーって感じですね。

むちゃくちゃ面白いわけではない。

 

個人的にキャストが微妙ですね。

 

女性主人公というのは悪くないけど、もっと魅力的な人いたでしょ…と思いました。

 

まぁ、ドラマだから仕方ないのかも。

 

一応見続けてみます。

この記事どうでした?甘めでお願いします。
  • いいじゃないか (2)
  • まぁまぁじゃん (0)
  • ふーん (0)
けっちゃむ
邦画興味ゼロで自称アメリカ人の日本生まれで日本育ちの日本人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です