舞台は『ロード・オブ・ザ・リング』で知られる中つ国、洋ゲー『シャドウ・オブ・モルドール』を今更ながら買う!

Pocket

 

What’s up? 妻にシャドウオブモルドール欲しいとしつこく言ったら買ってもらえた自称アメリカ人のけっちゃむです。

 

 

はい、今回は買ってもらえた洋ゲーの『シャドウ・オブ・モルドール』について語っていきたいと思います。

 

届いてプレイするのがワクワクです。

 

まだやってないんかい。

シャドウ・オブ・モルドールはワーナー・ブラザースから2014年に発売されました。

以前からゲーム屋とかに行くとチラッと目には入ってたんです。

…モルドール…ロード・オブ・ザ・リングのパクリか…

と思ってスルーしてたんですが、思いっきり関係してると最近知ってビビりました。

 

どうでもいいですが、私は『ロード・オブ・ザ・リング』『ホビット』両シリーズの大ファンなんですよ、しかも洋ゲーが大好きなのでこのゲームをやらなかったら一体お前はなんなんだって感じですよホント。

ていうか買うのおせーよ

舞台は中つ国なのでもろLOTRですよね。

 

この記事書きあげている最中に届きました。

ちょこちょこやってみましたが

 

オモシ。

面白いという意味です。

ていうか、ゴラムとか出てくるしもろLOTRだー(笑)

 

「指輪を取り戻さないと」的なことほざいてたのでやっぱりホビットシリーズとLOTRシリーズの間のストーリーですかね。

 

さすがに2014年のゲームなんでグラフィックは落ちますけどアクションとストーリーがいいですね。

 

アクションはアサシンクリードちっくっす。

バッタバッタとオークを倒せるのがいいですね。

 

オモシ。

今年の10/12に続編の『シャドウ・オブ・ウォー』が発売するので気になる方はプレイしてみるといいですよ。

 

けっちゃむ
邦画興味ゼロで自称アメリカ人の日本生まれで日本育ちの日本人

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です